99本目のろうそくに達した「白石加代子の百物語」で演劇の醍醐味を

2014年6月26日

The Japan Timesの記事はこちら↓
http://www.japantimes.co.jp/culture/2014/06/25/stage/scary-stories-series-reaches-limit/#.U67JTfl_uSo

「百物語」は、日本に古くから伝わる怪談話をする際のスタイル。近代日本文学の巨匠で、ヨーロッパの怪異譚をいち早く日本に紹介した翻訳家でもある森鴎外(1862-1922)にも『百物語』という短編小説があり、その冒頭で主人公の「僕」がこう説明している。
「百物語とは多勢の人が集まって、蝋燭を百本立てて置いて、一人が一つずつ化物の話をして、一本ずつ蝋燭を消して行くのだそうだ。そうすると百本目の蝋燭が消された時、真の化物が出ると云うことである」
 だからオバケが出てこないように、99本までこわい話をしたら、そこで止めなければいけない。この趣向を取り入れたのが、「白石加代子の百物語シリーズ」だ。江戸時代の古典から村上春樹まで、古今の日本文学を中心とした美しい日本語による「こわい話」を、白石の朗読――というにはあまりに演劇的な身体と表情を駆使したパフォーマンス――で、数本ずつ22年間にわたって上演してきた。

画像

                  『橋づくし』 撮影:田中亜紀
 
 白石加代子(72)といえば、かつては、ギリシャ悲劇のように壮大なスケールの物語の主人公を、桁外れの集中力で壮烈に演じ、「狂気女優」の名をほしいままにしてきた名舞台女優。出てくるだけで「こわい」と誰もが思う独特の存在感を放つゆえ、これはぴったりの企画と誰もが思った。が、蓋を開けてみると、迫力で戦慄を与えるだけでなく、抱腹絶倒のコメディエンヌぶりを発揮して、俳優としての新たな可能性を開花させたのだった。

「こんなすごい喜劇女優は滅多にいませんよ」
 と言うのは、演出を担う鴨下信一(79)。数々の優れたテレビドラマを世に出した名テレビ・ディレクターであり、能・歌舞伎などの古典芸能から欧米のショービジネスまでの該博な知識と、驚異的な読書量によって、白石にふさわしい、ヴァラエティに富む作品選びをしてきた。
「白石さんが得意とされる作家には、お笑いの要素が入っている人が多いんです。こわさと笑いは、紙一重なのかな。僕も喜劇の方が好きだし、だいたい辛気くさいものをやると、お客さんが寝ちゃうでしょ。”こわい話”としたのは、何らかの括りを設けておいた方がいいと思ったから。目的は、きちんとした日本語で書かれた作品を紹介することです」

画像

                    『天守物語』 撮影:田中亜紀


 少し低めの、よく通る強く美しい声で白石が語り始めると、手に取るように情景が浮かび、たとえ聞いたこともない単語や言い回しがでてきても、なんとなく意味が伝わってくるから不思議だ。
「それは鴨下さんが、声の高さやニュアンスを、とてもうるさくおっしゃるからです。声だけでなく身体の動きも、『そこで半歩左足を前に出して振り返って』なんて、とにかく細かく隅から隅まで演出を付けてくださるんです。それでいて、感情については何もおっしゃらないの。私も気持ちを込めて読んだことなどなく、淡々と読んでいるうちに気持ちが入るところは入り、引くところは引く。そこから何かフワッとしたものが出てきて、毎回不思議な世界に導かれるんです」
 そう白石が謙虚に語ると、鴨下が言った。
「白石さんがすごいのは、気持ちで読んでもダメだということが、わかっている点。ひとつステージが上の俳優ですよ。芝居というのは、数千年の歴史を持つ摩訶不思議なもの。役の解釈だの何だのと言い出したのは、ほんのここ数百年のことで、本来、頭で考えて太刀打ちできるものではないんです。この『百物語』は、みんながそこに気づいたうえで楽しんでいるのがいいんです」

 98本目と99本目となる今回は、三島由紀夫のイメージを覆すような軽妙なコメディー『橋づくし』と、幻想文学(戯曲)の金字塔で現在も盛んに上演される泉鏡花の『天守物語』。白石得意のコメディーと、壮麗で崇高な美しさに満ちた虚構の世界という最強カードで、最後のろうそくの火を消すこととなる。

「白石加代子 百物語シリーズ 第三十二夜(ファイナル)」第九十八話 三島由紀夫 「橋づくし」、第九十九話 泉鏡花 「天守物語」。出演:白石加代子、演出:鴨下信一。
~10月1日まで全国を巡演。問い合わせは、ジェイ.クリップ 電話03-3352-1616(平日10時~19時)、http://www.j-clip.co.jp/jCLIP/ticket.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック